テレビ神奈川(tvk)「クルマでいこう!」
毎週日曜日よる10時(再放送土曜日午前11時)放送

放送日
2018/4/1(#521)

車種  
ホンダ シビック TYPE R (6MT)

試乗車主要諸元
全長 4560㎜
全幅 1875㎜
全高 1435㎜
車両重量 1390㎏
エンジン L4・DOHC・ターボ
総排気量 1995cc
最高出力 235kW(320PS)/6500rpm
最大トルク 400Nm(40.8㎏m)/2500-4500rpm
最小回転半径 5.9m
燃料消費率 12.8㎞/L(JC08モード)
車両本体価格 450万0360円(消費税込み価格)

出演者
株式会社本田技術研究所
四輪R&Dセンター
柿沼 秀樹さん

岡崎五朗の評価

○・・・速さの追求が生みだした上質な乗り味
ニュルブルクリンクでの速さを追求したことで、ボディー、サスペンション、エンジンと
全てドライバーの意のままに操れるクルマが出来上がった。本物だけが持つ良い乗り味を
TYPE Rは獲得している。

×・・・大人っぽい外観のバリエーションも欲しい
カッコ良いデザインなのだが、スーツを着て乗ってゆくには抵抗を感じてしまう。中身は
そのままで、大人っぽい控えめな外観のバリエショーンも追加して欲しい。

藤島知子の評価

○・・・鍛え抜かれたモデルが放つ包容力 それでいて実用的
新型はサイズアップしたが、大型化のメリットは室内空間に活かされている。ラゲッジの使いやすさなど、家族でも十分に使えるという点で選びやすいモデルになったと思う。

×・・・ギラギラして見える外観のパーツ類
全体のフォルムは好きだが、フロントグリルやホイールのブラック塗色部分がギラッとしすぎている。これ一台で様々な場所に乗ってゆくことを考えると、もう少しスマートに見える提案があっても良いのでは。