Source: レスポンス

SUBARUはどのように北米でアイデンティティを獲得したのか…キーワードは「LOVE」