,#2018年最後の試乗会は「あなたの知らないレクサスUXの世界」
2018年最後の試乗会は「あなたの知らないレクサスUXの世界」
Website:http://autocarmagazine247.com/ .AppStore:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.QTStudio.ZombieCrazy
そろそろ「今年最後の~」という枕詞が付き始めた今日この頃。「今年最後」のクルマ試乗会は「レクサスUX」。レクサスの新型車で新しいラインアップ、レクサス最小のSUV、そしてレクサス初の女性チーフエンジニアというのも話題のひとつ。
世界的に人気のSUVですが、トヨタの人気コンパクトSUV「C-HR」のレクサス版。C-HRやプリウスと同じプラットフォーム「GA-C」を使用しています。
フロントマスクはL字型のクリアランスランプが印象的ですが、更に「バージョンL」には三眼のフルLEDヘッドランプが標準装備となって輝きが増します。また、デビルマンの髭(?)的な縦型ライトも目に付きますが、最もインパクトがあるのはレクサスのアイコン、大型のスピンドルグリル。「F SPORT」のグリルはメッシュのブロック状 でスポーティに、「version L」はもう少し横のラインが強調される華やかなデザインになっています。
エンジンは2.0リッター直列4気筒の「UX200」と2.0リッター4気筒のハイブリッド「UX250 h」の2タイプ。
コンセプトは「Creative Urban Explorer」。新たなライフスタイルを探求するきっかけ「CUE」になれれば、ということで今回の試乗会で注目は試乗コース。
このところレクサスの試乗会では試乗距離を長めに設け、クルマに乗れる時間をたっぷりとる試乗会を行っていますが、今回は神奈川県・川崎にあるデザイナーズホテルに隣接しているお洒落なカフェ「TREX Kawasaki River Café」をベースに、「UXオーナーの休日をイメージした」という山編、海編の両コースを体験する半日で約280㎞のロングドライブ。
最初に向かったのは山編。目的地は千葉県・大多喜にある古民家「まるがやつ」。試乗車はコミニュケーションカラーのブルージングカーネリアンコントラストレイヤリング、わかりやすく言うと落ち着いたオレンジ色で「UX200 F SPORT」2リッターFFのガソリンモデル。目的地まではアクアラインを使った高速道路と山道でハンドリングを楽しめるコース。一か所だけ、傾斜のある段差のところで意外にも大きく跳ねたのが気になりましたが、CVT発進時のギアが付いた「Direct Shift-CVT」のせいか、より加速がスムーズに感じられます。
「まるがやつ」は昔懐かしい「田舎のおばあちゃんの家」風の古民家で、母屋には掘り炬燵や囲炉裏。炬燵のテーブルの上にはみかん