頑固一徹テスト第三弾は登場したばかりの新型3シリーズ。BMWの屋台骨を支える中心的なモデルだけに注目を集めているが、国際試乗会のレポートに続いて国内での初試乗をお送りする。その評価はいかに!?
取材協力/ビー・エム・ダブリュー

【スペック】
⬛︎SPECIFICATIONS
ボディサイズ:全長4715mm×全幅1825mm×全高1430mm
ホイールベース:2850mm
車両重量:1630kg
エンジン:直列4気筒DOHCターボ
エンジン排気量:1998cc
最高出力:190kW(258ps)/5000rpm
最大トルク:400Nm(40.8kgm)/1550〜4400rpm
トランスミッション:8速スポーツAT
駆動方式:後輪駆動(RWD)
サスペンション:
F ダブル・ジョイント・スプリング・ストラット/R 5リンク
ブレーキ:Fベンチレーテッドディスク/Rベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ:F225/45R18 R255/40R18
車両本体価格(税込):6,320,000円
取材車両装備:
メタリックペイント(ボルティマオ・ブルー)90,000円
イノベーション・パッケージ 223,000円
ハイライン・パッケージ 201,000円
コンフォート・パッケージ 125,000円
ファスト・トラック・パッケージ 283,000円
オプション装備込みの車両価格:7,242,000円

⬛︎頑固一徹テスト 試乗インプレッション
評価軸(3項目)&評価ポイント
パワートレイン 5段階評価(1〜5点)
シャシー性能 5段階評価(1〜5点)
ヒューマンインターフェイス  5段階評価(1〜5点)

⬛︎頑固一徹 総合評価指数
1〜3点→頑固一徹和(評価1)
4〜6 点→頑固一徹和(評価2)
7〜9点→頑固一徹和(評価3)
10〜12点→頑固一徹和(評価4)
13〜15点→頑固一徹和(評価5)