15代目となった新型クラウン。
トヨタ初のコネクティッドカーであり、最新の安全・自動化運転技術との合わせ技で先進性を強烈にアピールしている。

フォルムに注目すると、これまでのクラウンと一線を画すスタイリッシュさ。スポーティさをアピールするインテリアも同様だ。
この現象はなぜ?
オーナー層の若返りが新型クラウンの大きな命題のひとつだったからだ。

エンジンは、2L直4ターボ、2.5L直4ハイブリッド、3.5L V6ハイブリッドの3種類が用意され、今回試乗したのは2.5L直4ハイブリッドを搭載した2.5Gだ。