前編でも申し上げた通り、今回はタイヤが釘を踏んでバーストしてしまい、やむなく途中で切り上げたため、いつものように走行シーンを外から捉えた映像はありません。せっかくゴージャスで、エンジン音も素晴らしい車なのに、本当に悔しいです。
車に関してはとにかく後席の快適性が良く、開放感がある上にしっかりとホールドされていて、ショーファードリブンとして充分に活躍できる車だと感じます。一方で運転席に座ってみると、スポーティーなエンジン特性や足回りを感じる一方で、乗り心地には若干難があり、トヨタやレクサス、ドイツ勢との差別化を図る上で、迷いが生じてしまっているのかもしれないとも感じました。
最近日産は国内の販売車種を異常に減らし続けていますが、セダンで勝負できないメーカーは本物とは言えません。設計は北米向け、中国向けでも構わないので、世界のために作った技術を本国たる日本に還元してほしいと感じます。(報道されているように、もしルノーと完全合併したのなら日本は本国ではなくなるどころか、フランス政府が筆頭株主の官制メーカーに成り下がってしまいますけどね)

ブログ:http://semicrossseat.blogspot.jp
ツイッター:https://twitter.com/semicro_youtube