改良ディーゼルの低回転からの太いトルク特性が光る。乗り味上質な『CX-9』ゆずりのシャーシ特性は、3列シート故のホイールベースやボディパッケージの妙技。これはファミリー“セダン”として、ひとつの完成形である。多人数ファミリー、大物荷室を求めるムキにぴったり。

協力 マツダ、袖ヶ浦フォレストレースウェイ
試乗・テキスト 桂伸一 
撮影・編集 佐藤靖彦