ホンダ車を知り尽くした熟練エンジニアの手によって生み出される、ホンダアクセスの「モデューロX」シリーズ。その第4弾として登場したのが『フリード モデューロX』だ。その走りは、「エモーショナル・ツアラー」のコンセプトに偽りなし。

押し出し感あふれる専用エクステリアパーツはもちろんだが、その真骨頂はやはりその走行性能にある。徹底したエアロチューンによる接地バランスの最適化がもたらす直進安定性、サスセッティングやアルミホイールの剛性最適化によるコーナリング性能。「フリード版タイプR」をめざしたというがはたしてその真価は…桂伸一氏によるVR試乗インプレッションで確認いただきたい。

「コストが掛けられる分だけ”本体よりも”きめ細やかで、質感の高いクルマ造りが行なわれている」

協力・ホンダ、ホンダアクセス、袖ヶ浦フォレストレースウェイ
試乗 桂伸一
撮影・編集 佐藤靖彦