2018年の6月に登場したばかりのカローラスポーツをレンタルできたので早速乗ってみました。
お借りしたのは1.2リッターの直列4気筒ダウンサイジングターボエンジン搭載車になります。TNGAを採用して以降のトヨタ車は走りが劇的に進化しており、これまでC-HR、クラウン、カムリなどに乗った際はかなり感動的なドライバビリティや乗り心地を実感できたので今回も期待大です。
デザインについても個人的には最近のトヨタの中では最も一体感があって、キーンルックの完成形に限りなく近いような気さえしてしまいますし、なんとなくですがかつてのアルファロメオのような雰囲気さえ感じてしまいます。
1.2リッターのターボエンジンはC-HRに乗った際、日本のレギュラーガソリンのオクタン価の低さや、車両重量の重さ、車輪の直径の大きさなどから、明らかに出だしの力不足だと指摘してしまいましたが、より軽量なカロスポではどうでしょうか。後編ではいつも通り走りを味っていこうと思います。

ブログ:http://semicrossseat.blogspot.jp
ツイッター:https://twitter.com/semicro_youtube
Buzz Video:https://www.topbuzz.com/user/6515152528299687945/share?region=jp&app_id=1131&language=ja