昨年はガソリンエンジンのカローラフィールダーに乗りましたが、今回はパワートレインの違いや、ボディー形状の違いを味わって見たいと思い、アクシオハイブリッドをお借りしました。
すでにハッチバック型のカローラは登場していますが、これは実質的にオーリスの後継であるため、コンサバティブなセダンであるアクシオは、当面継続して売られるものと思われます。
顔はカローラとしてはアグレッシブに感じますが今や他の車の顔がとても威圧的なため、相対的には結局保守的なイメージに落ち着いていると感じます。内装もワンクラス上位に位置するプリウスと比べてしまうと高級感では一歩劣りますが座った瞬間にどこに何のスイッチがあるかがすぐにわかるような日本人の常識に逆らわない使いやすさがあり、落ち着き感があります。
前回、前々回に引き続きトヨタのセダンを紹介してきましたが、その中では最も小さくて廉価な「大衆車」カローラはどのような走りなのか、後編で確かめていこうと思います。

ブログ:http://semicrossseat.blogspot.jp
ツイッター:https://twitter.com/semicro_youtube