ダイハツの軽トールワゴン&SUV キャスト 価格・ 試乗評価・燃費ほか
————————-
ダイハツの軽、キャスト。キャストは「生活を彩る自分仕様の軽自動車」をコンセプトに開発されました。軽トールワゴンタイプのキャストスタイルとキャストスポーツ、そしてSUVタイプのキャストアクティバという3タイプがあります。本記事ではそんなキャストについて価格・ 評価・燃費など様々な角度から見ていきます。 ■【選べる3モデル】ダイハツ キャストとは? キャストは、ダイハツが販売している車です。社長の三井正則氏はキャストの車名の由来について「毎日の生活はまさにドラマ。そのドラマの『キャスト』でありたい」と述べていました。キャストは、軽トールワゴンの「STYLE」、「SPORT」。そして軽クロスオーバーSUVが「ACTIVA」と、3つのバリエーションを設定していることが特徴です。普段使いがメインならスタイル。走りを求めるならスポーツ。普段使いとのバランスを考えるならアクティバがオススメです。 ダイハツ キャスト スタイル ■ダイハツ キャスト スタイル 基本スペック(ボディサイズ・燃費ほか)  ダイハツ 新型キャスト スタイル 基本情報 全長×全幅×全高(mm)3395×1475×1600 室内長×室内幅×室内高(mm)2005×1320×1245 ホイールベース(mm)2455 車両重量(kg)890(2WDは840) 乗車定員(名)4 燃料消費率(km/ℓ)(JC08モード燃費)25.0~30.0 ■キャスト スタイル エクステリア(外装)・インテリア(内装)画像 ■ダイハツ キャスト スタイル 試乗評価 2WDで30.0km/リットルの燃費性能を誇るスタイルのNAモデルだが、ダイハツ最新のエンジン、ムーヴから進化した最新制御のCVTによって、動力性能はきつい登坂を除けば必要十分。ダイハツのNAユニットはトルキーさが自慢でもあるのだ。ステアリングにはパワーモードも備わり、強めの加速力がほしいときにも対応してくれる(限界はあるが)。キャストはデザインや走りの質感にこだわった1台だから、静粛性もなかなかのものだった。吸音、遮音材をふんだんに使うとともに、車内に騒音が侵入する経路=穴を徹底的にふさぐ努力のたまものだろう。 乗り心地に関しては疑問が残る。サスペンションはスタイル、アクティバともに基本はいっしょ。しかしスタイルはキビキビした走り狙いなのかロープロファイルの55サイズ…
————————-
今すぐ米国を購読する: https://www.youtube.com/channel/UCUw7_I-w_VPkn4ugdKqllzg?sub_confirmation=1
————————-
当社のチャンネルに関連する著作権問題については、下記まで直接お問い合わせください。: nanceypal71146@gmail.com

————————-
日本のニュース: https://www.youtube.com/channel/UCWyQ6XmJ-sRLElj2AbLqPVg?sub_confirmation=1
————————-
ありがとうございました !