スズキらしい軽快さと、ボディの骨組みのしっかり感は存分に感じることができます。ただ、今回乗車したFXグレードはスタビライザーが省略されている関係でロール剛性とステアリングの剛性感が今一つで、また内装部品の取り付け剛性だったり、アクセル開度によってライトの明るさが変わるなど、もう一歩質感が欲しいかなと思うところです。日産のデイズもモデルチェンジしてレベルが上がったと聞きますし、かつての王者ワゴンRもなにか一つ愛されるスズキらしさのようなものを感じ取れればいいなと思うところです。下位グレードとはいえ、MTが選択できるというのは、このクラスでは唯一無二と言っていいかもしれませんね!

【前編はこちら】https://www.youtube.com/watch?v=pLD7WZhfW6c
【手強いライバル!ダイハツムーヴのレビューはこちら】https://www.youtube.com/watch?v=68ROOR4AfLg
【チャンネル登録】https://www.youtube.com/channel/UCsKUR7Di_mkHytOikX_cP0g?view_as=subscriber
【ツイッター】https://twitter.com/SemiCroyoutube