スズキの1000ccターボ&6ATのクロスビー。1回目の加速では少し緩くアクセルを踏んでいたのかエンジン回転を引っ張らず。で、この2回目では積極的に引っ張りました。なんでだろう??ただ、普通に制限速度を守ってドライブするならエンジンパワーに「不満なし」です。(私は走り屋・飛ばし屋じゃありません。むしろゆっくり走行が好き)

6ATデミオディーゼルターボは走り出しがトルクが薄くて甘い。だけどクロスビーは走り出しからトルクが出ていてストレスなし。

時速40km/hで1500回転。最大トルクは1700回転から発生するので「ちょっと加速したい」時にアクセルを開けた瞬間からトルクを感じてグイグイ加速でかつスムーズ。

正直、「1000ccターボ+6AT」はかなり出来が良いです。

大変扱いやすい。CVTや1001cc以上のエンジンは不要だと思いました。エンジン音もヒステリックではなく静かですし。

走行中のいろいろな騒音も高級車と比べるとダメですが軽自動車と比べると快適そのもの。

クロスビー自体の乗り心地は残念で、安い背の高い車にありがちな「固め・デコボコ道で左右に振られる感・突き上げを感じる感」が出ているため50 ~ 60点。

BMWのようなタイヤが薄いのにやたら乗り心地が良くてクイックな足回りをスズキに求めるのはダメですが、

せめて2代目エクストレイルのような外見が無骨なボディなのに乗り心地はしなやかでビックリ!のようなショックアブソーバーを採用してもらいたい。(そもそもクロスビーは独立懸架ではないので限界はありますが)

(スズキに限らず、オプション設定されているサス&ショックは、乗り心地が悪化するスポーツ仕様しか見かけない。いい加減スポーツじゃなくて、乗り心地=コンフォートのためのサス&ショックを用意して欲しい。メーカーは本気でユーザーのことを考えているのか?と常々思ってしまう。標準グレードで満足しない人のためのオプション設定でしょうに。ただ、昔のケータイで機能全部入りタイプが全く販売されなかった理由と同じように、小さくてオールマイティーなコンパクトが販売されないのは仕方無いのかな)

コンフォートショックを採用してくれてデザインを変更してくれたら国産最高のコンパクトカーなので「買います」それくらい好評価です。(私の理想は取り回しが楽な小さい車なのに、トルクフルで静かで、燃費がそこそこ良いクルマ)。

1000cc~1400ccの国産コンパクトはろくなモノが無い、いい加減適当なコンパクトを作るのは止めて欲しいと常々思っていました。

特にスズキはミテクレだけの中身スカスカなクルマばかり作って嫌悪感・敵意むき出しでしたが、

昨年2017年に新型スイフトスポーツターボを試乗して「あら、なにこの出来の良さ?」と驚かされた後のこのクロスビー。

私のスズキ自体のイメージはまだまだ低いのですが、今後スズキの1,000ccターボ+6ATモデルについては推させていただきます。

あとはデザインと足回りだ!頑張ってスズキ!!(最大トルクは普段から扱いやすい1700rpm~仕様を。排気量違いますがスイフトスポーツは高めで2500rpm~ですので)。

※「モーター付き発電機 = スズキハイブリッドの1パターン」のトルクは微々たるもので、プリウスやフィットハイブリッドなどの特徴である、体感できるほどの「静粛性」「トルク」や、「高燃費」を感じることはできません。スイフトハイブリッドRSに試乗したときは本当にガッカリしました。所詮は発電機であり、真にモーターではない。クロスビーにもこのニセハイブリッドがついていますが、初代フィットハイブリッドにも劣るトルクが走行をアシストしているとは私には思えませんでしたので、「クロスビー=ハイブリッドカーではない」というのが私の認識です。