Source: レスポンス

アイドリングストップ機能を自動キャンセル、データシステムが新製品発売