「その走りは、まるで背の高いラン・エボ!! 国産コンパクトSUVの新生は、帰って来た三菱『エクリプスクロス!! 革新技術屋集団の新作はサーキットでも通用するのか?!」

三菱ひさびさのオールニューモデル、エクリプスクロスにレーサー/モータージャーナリスト桂伸一氏が試乗。セールスポイントは「クーペライクなデザイン」としながらも、伝統芸である4WDシステムは「S-AWC」を搭載、アプローチ/デパーチャーアングルは本格SUV並みとするなど、三菱車のアイデンティティが“意外にも”(?)これでもかと盛り込まれているのが魅力だ。

オンロード性能も高い評価を受けているが、サーキットではどうか。おなじみ袖ヶ浦フォレストレースウェイでその走りを検証する。

協力・三菱自動車、袖ヶ浦フォレストレースウェイ
試乗 桂伸一
撮影・編集 佐藤靖彦