,#【Mercedes-Benz,#4MATIC,#4MATIC,#【Mercedes-Benz,#【Mercedes-Benz,#4MATIC
【Mercedes-Benz S 400 d 4MATIC 試乗記】ディーゼルターボの直列6気筒は、マナーの良さと圧倒的な加速フィール、驚異的な静粛性の3拍子が揃う
Website:http://autocarmagazine247.com/ .AppStore:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.QTStudio.ZombieCrazy
現行メルセデス・ベンツSクラスには、3.0Lの直列6気筒ディーゼルターボを搭載した「S 400 d 4MATIC」がラインナップされています。
340ps3600-4400rpm、700Nm1200-3200rpmという圧倒的なアウトプットを誇る「S 400 d 4MATIC」は、2150kgというヘビー級ボディでも軽々と発進、加速させる力強さが大きな魅力。それでも、街中ではジェントルな走りに徹することも可能で、よほど不用意にアクセルペダルを踏み込まなければ、安っぽい飛び出し感はなく、粛々と速度を上げていきます。Sクラスにふさわしい上質なマナー感を備えているのも印象的。
しかも、ディーゼルエンジンなのに回転フィールに粗さがなく、シルキー6と表現できるほどスムーズ。条件が整えば、5000rpm(レッドゾーンは5300rpm〜)近くまで回そうと思えば回せます。街中ではマナーよく走るのも容易な反面、アクセルを踏み込んでいけばどう猛ともいえる、圧倒的な加速フィールを堪能できます。
最も驚かされるのは、ディーゼルにつきまとう音・振動がガソリン車に近い(同じ直列6気筒のガソリン車並とまではいかなくても)くらい抑えこまれていて、遮音・吸音対策が入念に施されているのが分かります。アイドリングや極低速域に少しディーゼルエンジンらしいカラカラとした音が察知できるものの、ディーゼルエンジンと言われなければ分からないほど静か。
これより静かなディーゼルエンジンは、レンジローバーのディーゼルエンジン仕様くらいしか思いつきません。同モデルは、SUVということもあってエンジンとの距離がSクラスよりも遠い(高い位置に座る)ということもあるでしょう。
また、9ATの変速マナーもウルトラスムーズといえるほど、ショックなどとは無縁で、シルキー6のディーゼルエンジンという新しい高級車像を提案しています。
乗り心地も上質そのもので、しかも路面を捉えて放さないロードフォールディング性能の高さにも驚かされます。試乗日は雨交じりでしたが、雨天時の高速道路でも4WDによる圧倒的な安心感が得られました。
また、試乗コースは首都高速を中心とした比較的平坦で直線路中心でしたが、これなら大きさを感じさせずワインディングでもストレスなく走れるはず。後席に座る機会の多そうなSクラスですが、ドライバーズセダンとしても