,#【BMW,#【BMW,#新型試乗】「ライバルはボクスター」が意味するもの…西川淳
【BMW Z4 新型試乗】「ライバルはボクスター」が意味するもの…西川淳
Website:http://autocarmagazine247.com/ .AppStore:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.QTStudio.ZombieCrazy
BMW『Z4』はいま一度、リアルスポーツカーへと立ち戻るべきだった。開発責任者はモデルチェンジのコンセプトをそう表現してくれた。
先代はロングノーズ&ショートデッキの絵に描いたような美しいクーペデザインが魅力のリトラクタブルハードトップモデルだった。志向的には、まったくもって、グランツーリズモであったのだ。
ところが昨今、GT的なオープンスポーツカーは次第にその市場を失くしつつあって、リアルスポーツカーの方が需要が旺盛らしい。また、ソフトトップの進化も著しく、今やハードトップ同等の静粛性も手に入れている。つまり、いろんな面から、先々代のZ4と同様のファブリックトップ仕様と回帰することに対して、躊躇う必要はなかった。
日本のクルマ好きの間では、トヨタ『スープラ』との共同開発ばかり話題になるが、設計の初期段階では密接なやりとりがあったというものの、ブランドの志向性の違いに加えて、クーペとオープンカーというキャラクターの差もあったから、その後の開発はそれぞれが独自に行なっている。スープラのオープンモデルがZ4というわけでは決してない。
Z4はリアルオープンスポーツカーを目指した。ライバルはずばり、ポルシェ『ボクスター』。ミドシップカーを敵に回すというのだから生半可な仕様にはできない。随所にリアルスポーツを目指したという開発陣の熱い気合いを見つけることができる。
例えばフロントアクスルは、『M4』と全く同じシステムのWジョイント・スプリングストラットだ。Mモデルと同じミシュランパイロットスポーツを履くこともできる。
先代に比べて全長は長く、幅が広くなった。ただしホイールベースを短くした。開閉式ハードルーフを諦めたことで重量増を抑え(ルーフシステム単体では40kg軽いが、剛性増しと電子制御LSDでほぼ相殺)、重心高も下げることができた。
ボディの強さにもこだわっている。ねじれ剛性は旧型比で3割もアップしており、リアルスポーツカーでありつつも、BMW車らしくスタビリティの高さをキープしたという。ちなみにソフトトップは50km/h以下であれば走行中の操作も可能で、開閉に要する時間はおよそ10秒。この短さもまたソフトトップならでは、だろう。また、軽量でコンパクトなファブリックトップのおかげでラゲッジスペースも281リットルと、旧型比で50%アップという大幅増を実現した。
現時点における最上級グレードは「Z4 M40i」で、3リットル直6ターボエンジンを搭載する