【BMW 330i Mスポーツ試乗】軌跡をたどって50mバック。新3シリーズのリバース・アシスト機能の用途は?
————————-
すべての画像を見る ついに日本でも販売が開始された新型・BMW3シリーズ。直噴4気筒ターボエンジンを搭載したFR方式のセダンからリリースがスタートしています。 今回のモデルでは先進の操作環境にも注目が集まります。新3シリーズでは、BMWオペレーティングシステム7.0が導入されました。 これはドライバーが運転時に必要な情報を、最も良いタイミングで伝達することを目的としたOSです。表示に関して考えられているのはもちろん、操作方法に関してもよく練られています。 10.25インチのセンターディスプレイと12.3インチのメインメーターパネルに、様々な情報が表示されることなります。 また操作に関しては、センターパネルを直接タッチしたり、i-ドライブコントローラーのダイヤルを操作したり、静電スイッチに触れるといったことのほか、ジェスチャーにも対応しています。数多くのインターフェースを使って車両にコントロールできるのが特徴です。 このオペレーティングシステムによって様々な便利/快適装備をコントロールすることができるのですが、ここではその一例としてリバースアシスト機能を紹介します。 これは車両が進んできた直近50mの車体の動きを記憶しておき、前進してきたのと全く同じ軌跡でバックさせることが可能なシステムです。 前進と後進時では同じタイミングでステアリングを切っても、車両の軌跡が全く異なってきます。このため、単純にハンドル操作タイミングを記憶して再現しても同じルートを辿ることは不可能です。また、実際の運用では周囲の安全を常時確認し続けることも必要です。 これを実現するためには車外状況をとらえるカメラやセンサー類と、車両の進行方向や現在位置情報を完璧にインテグレートする必要があります。非常に高度なハードウェアとソフトウェアの融合によるものだということが言えます。 ……と、システムの構成は大変複雑ですが、操作方法は非常に簡単です。 実際にテストしてみましょう。 今回はAという駐車地点からスタートし、ステアリングを自由に左右に切りながら前進させて停止。その後にリバースアシスト機能を起動してバックさせ、A地点に戻らせるという動きを行います。 実際に車両をスタートさせます。無秩序にステアリングを右に左にと切りながら約30mほど進んだところで一旦停止。 シフトレバーをリバースに入れるとセンター画面…
————————-
Subscribe US Now: https://www.youtube.com/channel/UCWyQ6XmJ-sRLElj2AbLqPVg?sub_confirmation=1
————————-
Videos can use content-based copyright law contains reasonable use Fair Use (https://www.youtube.com/yt/copyright/)
Very excited to partner with other electronic newspaper pages.
Please send me an email: anhxu984723234@gmail.com
————————-
Thanks For Watching !