【試乗】50周年を迎えたトヨタ・ハイラックスはオフロードでこそ本領を発揮!
————————-
タフな運動性能にスポーティさをプラス  2018年のシーズンにはWRC(世界ラリー選手権)において復帰2シーズン目にしてマニュファクチャラーズタイトルを獲得。WEC(世界耐久選手権)シリーズにおいても、ル・マン24時間レースを制するなどトヨタのモータースポーツ部門GAZOO Racingの活躍は目覚ましいものがあった。2019年も年明け早々にハイラックスがダカールラリーで総合優勝を飾るというビッグニュースが飛び込んで来た。昨年ハイラックスは誕生して50周年を迎えている。ダカール優勝は願ってもないタイミングでの勝利となったわけだ。 そして今回レポートするのはハイラックス誕生50周年を記念すべく設定された特別仕様車である「Z ブラックラリーエディション(以下Z BRE)」だ。ハイラックスは国内はもとより世界180カ国以上の国や地域で販売され、これまでに累計販売1870万台を記録するメガヒットのピックアップトラックだ。1968年に初代が登場し、現行モデルは2015年に発売開始(国内は2017年9月〜)された8代目となる。強固なラダーフレームにダブルキャビンと最大積載量500kgを誇る荷室デッキで構成される。 素人目にはトラックにしか映らないが、Z BREでは車体各所を華飾装飾しスポーティさと堅牢さをアピールする魅力的な外観に仕上げられている。オリジナルのZをベースとしアルミホイールやフロントグリル、バンパーなどを専用のデザインとしブラック塗装で統一。同じくブラックの樹脂製オーバーフェンダーも装備され格好いい見栄えとなった。 Z BREに搭載されるのは2.4リッター直4ディーゼルターボの2GD-FTV型エンジンで、6速のスーパーECTオートマティックトランスミッションが組み合わされている。もちろん4輪駆動のパートタイム4WD方式を採用して高い走破性を確保しているのだ。 悪路走破性は申し分なしのパフォーマンスを披露  まずは悪路のテストコースとして名高い愛知県猿投市にあるオフロードコースを走行する。運転席に乗り込むとモダンなインテリアデザインに驚く。ダッシュボードやステアリングなどは、カローラスポーツのようにハイセンスでスポーティに仕上げられ、ピアノブラック調の華飾が各所にみられ華を添えている。 エンジンを始動すると、ノイズやバイブレーションが低く抑えられ室内の快適性が高い。…
————————-
今すぐ米国を購読する: https://www.youtube.com/channel/UCUw7_I-w_VPkn4ugdKqllzg?sub_confirmation=1
————————-
当社のチャンネルに関連する著作権問題については、下記まで直接お問い合わせください。: nanceypal71146@gmail.com

————————-
日本のニュース: https://www.youtube.com/channel/UCWyQ6XmJ-sRLElj2AbLqPVg?sub_confirmation=1
————————-
ありがとうございました !