★動画について少しでも良いなと思っていただけたり…
楽車がんばれ!と思っていただけましたら★高評価★お願いします♪
https://bit.ly/2ZsNNup

【SUZUKI】[※新型スペーシアギアの画像使用]
https://www.suzuki.co.jp/

【納期】
2019年9月現在2ヶ月待ち
スペーシアは女性に人気。
ギアはやはり男女問わずアウトドア派の方に人気があるそうです。
ツートンカラーの選択で見積もり+4万円になります。

【価格】
【HYBRID XZ(2WD・CVT)】
161万4600円
【HYBRID XZターボ(2WD・CVT)】
169万5600円

ジムニーやハスラーのようなSUVが良いけど、
小さな子供さんを乗せるなら広くて…荷物もたくさん積める車が良い…
スライドドアもあって利便性が良い車がやっぱり欲しいですよね。

そんな声に応える形で…
(ハスラーもジムニーも売れたしもう一発当てるかとばかりに)

スズキさんがスペーシアをベースに作った
SUVな軽ハイトワゴンがスペーシアギアです。

丸目のヘッドライトが最近のスズキらしい。
グリルも特徴的に仕上げてますが、少しジムニー的な要素が入っていますよね。
発進時にモーターのみで走行できる
マイルドハイブリッドを全車に搭載

スペーシアはスーツケースをモチーフにしてつくられた内装。
対して「ギア」はツールボックスをイメージして作られています。
オレンジを使うことでアクティブさを演出している。

アッパー収納ボックスをどういったカラーにするか
…しっかりとスペーシアとは違ったデザインになっているのがポイントですとスズキの担当者さん!

基本グレードでもヘッドライト・フォグランプはLED仕様です。

レーダーブレーキサポートが標準装備。
軽自動車トップの安全性能の高さがポイント。
前方・後方・コーナーが安全です♪

これ…スチールみたいに見えますがアルミホイールなんです(*´꒳`*)
ボタンを押すだけで電動でスライドドアしてくれるスライドドアも装備。

車そのものはスペーシアと設計は同じで基本的には外観が変わっただけ。
室内が広い。スペーシアとギアは同じサイズです。

【室内寸法】
長 2,155mm
幅 1,345mm
高 1,410mm

【後席・荷室】
全グレードにサーキュレーターが設置されているので
後席に前席のエアコンの冷たい空気・温かい空気を循環させることができ便利です。

スライドドアには日よけのシェードが備わっています。
ラゲッジも引っ張りながらシートを前に押すだけでラゲッジを広げることができる。
シートは撥水加工しているので、濡れた服なんかも気兼ねなく置いとけますよね。

★試乗しました!

出だしからさっそく良いかも!軽く踏み込むとすっと前に出てくれます。

着座位置が高くさらにインパネが平なため前方視界が良くて見やすいです
前方がフラットになっているから視界が良い。

シートは少し硬めで座りやすい。腰が弱い人にも優しい気がします

窓の面積が多く前方後方も視界も良い。ボディが大きめですが運転しやすい。

室内が広い。先代よりも広くなっている。
先代スペーシアから乗り換えもおすすめですね。

ヘッドアップディスプレイが思っていた以上に良かった件。

はじめはなくても良いのではと思ったのですが…すごく良い場所に設置してあるので
見やすいし目線を変えずに速度をチェックして運転に集中することができるので便利と感じます。
ナビと連動させることができます。

走行性能の高さ。スペーシアギアの車両重量は880kgと
軽自動車の中では軽くはありません。

それに対してエンジンは3気筒660ccのNA(52馬力※ターボ64馬力)+モーター
マイルドハイブリッドシステムを採用することで走行中わずかですが
モーターでアシストが入ります。(最高出力3.1馬力&最大トルク5.1kgm)

走行はスムーズで室内にエンジン音は響かずまったく気になりません。
思った以上に静かで驚きました!

乗り心地は…
軽ハイトワゴンなので乗り心地や安定性は、
背が低い軽自動車よりももちろん不利ですが全然突き上げについてはなかったです。

街乗り走行時、モーターアシストが効いているのか加速感は気にならず、スムーズに前に進みます。

気になる新型スペーシアギアの燃費は【28.2km/L】
新型スペーシアの燃費は30。
街乗りの実燃費で20km/L程度走るかなと。(環境によっては16~18)
ライバル車より低燃費なので…燃費が気になるって方にもおすすめの車と言えそうです。

パワーモードで通常よりもエンジンの力を使うことができますが燃費は悪くなります。

「新型スペーシアギア」の安全装備は充実しています。

「デュアルセンサーブレーキサポート」「後退時ブレーキサポート」「フロントシートサイドエアバッグ」
を全車に標準装備とした。

どのグレードを選んでもしっかりと予防安全性能が付いているので、悩まずに選べるのは嬉しいポイントですね!

🚗楽しい車を紹介する車メディア 楽車どっとこむ
https://tanosya.com/

#スペーシアギア
#SUZUKI
#試乗
#軽自動車
#納期
#ヘッドアップディスプレイ