【日産 セレナe-POWER 新型試乗】一口に3列シートと言っても、使い道は色々…中村孝仁
AppStore:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.QTStudio.ZombieCrazy
3列シート車あれこれ一口に3列シートと言っても、クルマによって想定される使い道は異なっている…ということを、この『セレナe-POWER』に乗って思い知らされた。というのも我が家、3列シート車を必要として、最近色々あれこれと試しているからだ。筆者の全くの独断と偏見をもってすれば、家族のために運転手を務めることなど、全く嫌。勿論、休日に孫とその家族を連れてドライブに出かけることに関して異論はないのだが、ただひたすら移動するだけのファミリーミニバンは論外な存在で、やはり少しでも運転が楽しめるSUV系の3列シートしか視野に入っておらず、そこを中心にクルマ探しをしていたからである。「買う」というかなり現実的な行動計画の元に試乗をしたクルマは、マツダ『CX-8』とシトロエン『グランドピカソ』の2台だった。前者は完全にSUV系の3列シート車。そして後者は比較的コンパクトで、とりあえず3列ついてますが何か?的なモデルだが、何と言ってもスタイリッシュだし、快適だし、乗るのも楽しいし…等々現実的にお金を払う身からすれば、一番食指が動くクルマであった。そして今回、セレナe-POWERを試してみた。典型的な3列シートミニバンで、このジャンルにはご存知の通り、トヨタ『ノアボクシー』、ホンダ『ステップワゴン』といったライバルが存在するのはご承知の通り。他にも3列シート車は多く存在するが、個人的嗜好と使い勝手、それにお値段の観点から、このあたりに絞られた…というわけである。ただし、果たして最終的に購入を決断するか否かは別問題である。セレナe-POWERで公道試乗セレナe-POWERは3月にサーキットで試乗した。サーキットを使ったのは、まだナンバーが取得できていなかったことと、e-POWERの走行感覚を試すためという理由で、走りに関しては3月の時点でも指摘したが、要するに同じ日産の『ノート』に採用されているe-POWERと違って、EV走行できるマナーモードと、バッテリーチャージを目的としたチャージモードが用意され、隣近所に配慮した気遣いが出来るクルマに仕上がっているという点が、新しいe-POWERとしての姿である。ただ、クローズドコース内では大したテストも出来ず、公道試乗を待ち望んでいたというわけで、だいぶ遅くなってしまったが、それがようやく実現できた。これも個人的な嗜好で恐縮だが、ワンペダルのドライブフィールは嫌いではない。そもそもこの種のクルマでワインディングをかっ飛ぶことなどおよそ考えないし、とにかく楽に目的地に行っても遊ぶだけの