【国産SUV 比較試乗】CX-5、ハリアー、フォレスター、三“車”三様きわだつ個性…森野恭行

今のSUVの高い人気は、一過性のブームではなく、市場にしっかりと定着したものだ。なぜ、セダンやハッチバック、ワゴンではなくSUVなのかといえば、クルマにまつわる欲張りなニーズに応えてくれる存在だから。「SUV=レジャー」は過去の話で、万能なファミリーカー、そして行動の自由を広げてくれる日常のパートナーとして、SUVを選ぶ人が増えた。そこで、マツダ『CX-5』、トヨタ『ハリアー』、スバル『フォレスター』という、3台のミドルクラスSUVを集めて、「違いはどこにあるのか」を掘り下げてみることにした。ジャンルやセグメントは同じでも、個性や魅力に注目すれば各車各様。なにしろ、ウリとするパワートレーンからしてまるで異なる3車なのだ。◆四駆、ハイブリット、ディーゼル…際立つそれぞれの個性「四駆」をマーケットに定着させた立役者といえるスバルは、伝統のボクサー(水平対向)ユニットを搭載する。フォレスターが用意するのは、148ps/20.0kgmの性能を生む自然吸気2リットルと、280ps/35.7kgmのハイパワーをウリとする2リットル直噴ターボの2タイプだ。そして、トヨタがプッシュするのはハイブリッド。ハリアーは151ps/19.7kgmの自然吸気2リットルも設定するが、イメージを引っ張るのは152ps/21.0kgmのアトキンソン(高膨張比)サイクル2.5リットルと、前後2つのモーター(フロント用は143ps/27.5kgm、リヤ用は68ps/14.2kgmの性能)を組み合わせた「E‐Four」と呼ばれるハイブリッド4WDシステムの搭載車だ。ちなみに、エンジン+モーターのシステム出力は197psに達する。対して、CX-5の高人気を牽引するのはクリーンディーゼル。2リットルおよび2.5リットルのガソリンユニットもラインナップするが、大半のユーザーが選ぶのは、高価な後処理装置なしにNOx(窒素酸化物)のクリーン化を実現した画期的な「SKYACTIV-D 2.2」だろう。「とろい・うるさい・汚い」と毛嫌いされていたディーゼルだが、コモンレール式直噴や高性能ターボ(SKYACTIV-D 2.2は大小2つのターボを使い分ける2ステージ式)、DPF(これで煤を除去する)などのハイテクを組み合わせてネガを克服。今では、エコでクリーン、しかも走りが楽しい心臓として、日本でも広く認知されるようになった。そのトップランナーが「SKYACTIV-D 2.2」なのだ。乗用ディーゼル復活のきっかけをつくったのはドイツ車だったが、それを大きな流れに変えたのはマツダだ。単に燃費が良く、クリーンな心臓なら、これほど多くのユーザーの心は捕らえられなかったはず。成功のカギは、「走りの気持ちよさ」を強くアピール