世界初となる日産の可変圧縮比エンジンを搭載した日本未発売のインフィニティQX50に試乗した。かつて日本でもスカイライン・クロスオーバーの名前で発売されていたモデルの後継でもあるこのQX50は、世界初の可変圧縮比ターボ・エンジンが搭載される。排気量は1970〜1997ccで、圧縮比は8から14まで可変する。最高出力は272ps、最大トルクは390Nmを発生。ひとつのエンジンの中に、高効率な燃費志向のキャラクターと、圧倒的なパワー&トルクのキャラクターが同居して、これが状況に応じて可変するというユニークな機構である。果たしてどんなフィーリングなのか? LOVECARS!TV!キャスターで自動車ジャーナリストの河口まなぶがアネスト岩田ターンパイク箱根で試乗した。

■チャンネル登録はこちら!/Subscribe here→ http://goo.gl/QbqnNS

◆LOVECARS!ツイッター↓

◆河口まなぶ・ツイッター↓

◆まなブログはこちら↓
http://minkara.carview.co.jp/en/useri…
◆LOVECARSホームページ↓
http://lovecars.jp
◆LOVECARS!Facebook Page↓
https://www.facebook.com/lovecars.jp
◆LOVECARS!Facebook公開ページ↓
http://ow.ly/vhRh7