【初試乗】新型「BMW 3シリーズ」は期待通りのスポーツセダンへと回帰していた!
————————-
すべての画像を見る 第七世代(G20型)へと進化した新型3シリーズは、ホイールベースを41mmも延伸した結果、全長はついに4.7mを超えてきた(4709mm)。全幅もワイドトラック化(前+43mm、後+21mm)の影響で1827mmにも達している。全高こそ旧型とほとんど変わらない(+1mm)とはいうものの、それでも1422mm。感覚的には90年代後半の5シリーズ(E39)と同じ大きさだ。 車幅に関していえば、同じクラスのFRサルーンでスポーツ性をことさら重視する新興勢力(ジャガーXEやアルファロメオ ジュリア)が、ワイドトラックのパフォーマンスを売り物にしているし、全長でいうとアウディA4はすでにこれを上回っていた。 そもそも世界的にみると、人類のサイズが上に伸びたのみならず、横にも広がっているのだという。なるほど広がっている実感こそ個人的にはあるものの(=メタボ)、実際に日本人の平均身長はここ20年間でさほど伸びてはいないはず。むやみはサイズアップは一般的には迷惑な話で、購入を断念するユーザーも出てくるかもしれない。 もっとも、近い将来にもうひと回り小さな4ドアモデル(2シリーズ グランクーペか?)がデビューすることを見越してのサイズアップかもしれないが・・・。 デリバリーは2019年春を予定。 ポルトガルはアルガルヴェ地方で開催された国際試乗会。一般道でのテストに供されたのは、日本市場へ最初にやってくる「330i Mスポーツ」と遅れて導入予定の「320d スポーツライン」だった。 ちなみに、日本での正式発表は2019年1月末の予定だが、デリバリーは2019年春に世界一斉で予定されている。その際には330iMスポーツのほかに、同じ2リッター直4ターボながらパワースペックの低いエンジンを積む「320i(Mスポーツとノーマルグレード)」の2グレードが来日する予定で、その後、年央にはディーゼルの「320d」とPHEV(プラグインハイブリッド)の「330e」、秋以降にはハイパワー仕様の「M340i」やツーリングボディが追加されるらしい。 10mmローダウン化される「330i Mスポーツ」 まずは改良型直4ガソリンターボ(190kW&400Nm)を積んだ330i Mスポーツに乗り込む。19インチのアロイホイールにミシュランパイロットスポーツ4S、MスポーツブレーキやMスポー…
————————-
今すぐ米国を購読する: https://www.youtube.com/channel/UCUw7_I-w_VPkn4ugdKqllzg?sub_confirmation=1
————————-
当社のチャンネルに関連する著作権問題については、下記まで直接お問い合わせください。: nanceypal71146@gmail.com

————————-
日本のニュース: https://www.youtube.com/channel/UCWyQ6XmJ-sRLElj2AbLqPVg?sub_confirmation=1
————————-
ありがとうございました !