【三菱 デリカD:5 新型】一般向け試乗会が開催、サーキットでいち早くドライブした感想は?
————————-
2018年末、ビッグマイナーチェンジが発表された新型『デリカD:5』は、特徴のあるフロントまわりのデザインが、国内で先行展示されたオートサロン2019でも注目の的だった。正式な発売日はまだ発表されていないが、先行予約も始まっており、ディーラーにも展示車両がだいぶ行き渡ってきたという。◆国内初となる一般向け試乗イベントディーゼルの静粛性や多段8速ATなど、機能的な特徴も気になるところだが、なにより、まだ国内では型式認定が終わっていないので、仮ナンバー等での公道試乗ができない状態だ。三菱自動車は「公道がだめならサーキットで」と、新型デリカに試乗ができるイベントを1月20日に開催した。会場は千葉県の袖ヶ浦フォレストレースウェイ。10台の新型デリカが用意され、日本国内では、初めて一般のドライバーが運転できる機会という貴重なイベントだ。サーキット走行は、先導車ありで追い越し禁止だが、ストレートでは80km/h以上になる設定だった。走行には、助手席にインストラクターが同乗するが、家族などの後席同乗ももちろんできる。ドライバーは抽選なのだが、走行枠は1時間ごとに計6回あり、外れても何度も申し込める。家族参加でお父さん、お母さんともに試乗できた人もいた。また、45度のスロープ、20度のキャンバー走行、ローラーなどを設置した特設コースでは、オフロード性能の疑似体験もできる。この特設コースはインストラクターの運転で、助手席や後席の同乗となるが、空しか見えない坂、そのままひっくり返りそうな傾斜は、一般ドライバーにとって貴重な体験だ。他にも、子ども向けのプレイコーナーや、ワゴン車によるケータリングサービスもあった。屋外のイベント会場で温かい調理したての食事がとれるのは、家族参加にはうれしい。◆揺れが少なく乗り心地がよい新型デリカの特徴として語られるのは、ディーゼルなのに各段に向上した静粛性だ。パワーアップしたエンジンも魅力だが、8速ATのスムースな加速、電動パワステの制御も、関連の記事でも取り上げている点。これらの評価は実際のところどうなのだろうか。参加者の声をひろったところ、すべてのインタビューで出たのは、車室内の静粛性への率直な感動だった。ご夫婦とお子さん2名で参加した家族は、現行デリカに乗っており、都内在住だが家族旅行の際に青森まで車で出かけることもあるというドライブ家族だ。お父さん…
————————-
今すぐ米国を購読する: https://www.youtube.com/channel/UCUw7_I-w_VPkn4ugdKqllzg?sub_confirmation=1
————————-
当社のチャンネルに関連する著作権問題については、下記まで直接お問い合わせください。: nanceypal71146@gmail.com

————————-
日本のニュース: https://www.youtube.com/channel/UCWyQ6XmJ-sRLElj2AbLqPVg?sub_confirmation=1
————————-
ありがとうございました !