フルモデルチェンジ並みの改良となったメルセデスベンツ『Cクラス』。注目は、1.5リットルターボに48Vマイルドハイブリッドを組み合わせた「C200」だ。セダンのベンチマークとされるCクラスはどう進化したのか。メルセデスベンツに辛口(?)な桂伸一氏が、サーキットで検証する。

桂氏コメント
「ヒトはミスを冒す!! それをクルマ側が極力カバーするメルセデスベンツ。CクラスはFR(フロントエンジン・リア駆動)のお手本。完成度の高さは素晴らしいが、『面白い』とか、『楽しい』があるかというと…」

協力 メルセデス・ベンツ日本、袖ヶ浦フォレストレースウェイ
撮影・編集 佐藤靖彦