【メルセデスベンツ CLSディーゼル 新型試乗】このスタイリング・個性にディーゼルは「?」かな…中村孝仁
AppStore:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.QTStudio.ZombieCrazy
新型CLSのディーゼル「220d」EQブーストが話題になって、ガソリン仕様48Vマイルドハイブリッドが注目される新しい『CLS』クラス。先代同様、このクルマにもディーゼルユニットが搭載される。搭載されるエンジンは、勿論「M654」。すでに『Eクラス』などにも使われている2リットル4気筒ユニットである。以前にも紹介したが、このエンジンはEQブーストで話題になっている「M256」と、基本的に親戚関係にあって、気筒当たりの排気量は500ccとなり、シリンダー壁にはナノスライドと呼ばれる独自のコーティングが施されたものだ。そしてプラットフォームは、MRAと呼ばれる現行『Cクラス』から使われ始めたFR用のモジュラープラットフォームである。だから、これでCクラス、『Eクラス』、『Sクラス』が同じモジュラープラットフォームを使うようになり、今回のCLSもやはりMRAが使用されているから、先代までのEクラスベースという考えは新しいCLSクラスに関しては完全には的を得ておらず、部分的にはSクラスのコンポーネンツも使われているというわけである。パーソナル・ラグジュアリーモデルである、ということ例えディーゼルといえども、直6でISGを持つ『CLS450』に比べてノーズは軽いのか、少なくとも回答性に関する限りは450と比較すると軽く感じる。しかしそれは同時に悪さもしていて、この『CLS220d』の方は、走りに関して450ほどのどっしりとした落ち着き感というか、重厚感がない。車両重量で比較すると素の状態は220dの1820kgに対して、450は1950kgだから、その差は大きい。そして、勿論音量はぐっと下げられているとはいえ、アイドリング時から加速に至るディーゼル独特のカラカラ音は、どうしても室内に侵入して、ゴージャスな雰囲気をスポイルする。これがワゴンだったりあるいはSUV的な要素を持つクルマだったりすれば何の問題もないのだが、とてもパーソナルな雰囲気で、しかもラグジャリー感漂うモデルとなると話は別だ。足回りも450にはエアボディコントロールサスペンションという名のエアサスが標準となるのに対し、220dの方はアジリティコントロールサスペンションという名のノーマルサスペンションが装備される点も走りのイメージに差を付けている大きな要因になっている。とは言うものの、ワインディングを飛ばしてみるとその軽快さはおよそ全長が5m、全幅で1895mmもある大型のクルマとは思えないほど軽快で、運転そのものは楽しい。450との価格差