【マツダ CX-8 試乗】高速クルージングは得意種目、追い越しも俊敏に…片岡英明

マツダは、世界中で人気の高いクロスオーバーSUVのラインアップを強化している。2016年12月には主力の『CX-5』をモデルチェンジし、商品性を飛躍的に高めた。このCX-5に続くプレミアムSUVが『CX-8』だ。マツダは海外向けに『CX-9』を用意するが、これは飛び抜けてサイズが大きいため日本市場には適さない。そこで日本のSUVファンのために開発し、送り出したのがCX-8だ。最大の特徴は、ミニバンのようにサードシートを装備していることである。マツダは設計の古くなった『プレマシー』と『ビアンテ』を廃した。これらのミニバンに代わるサードシート装備車としてCX-8を投入したのだ。エクステリアは、CX-5と似ている。ちょっと見にはCX-5のストレッチ(ロングホイールベース)仕様に見えるだろう。確かにホイールベースを延ばし、キャビンスペースを拡大している。が、CX-8のベースとなっているのは、北米やオーストラリアで販売しているCX-9だ。どちらもホイールベースは2930mmで、CX-5と比べると230mm長い。全長はCX-5より355mm延びている。だが、全幅はCX-5と同じ1840mmとし、日常の使い勝手に配慮した。全高は40mm高くなっているが、ボディが長いため背が高いとは感じない。CX-5と同じように乗り降りはラクだ。小柄な人でも無理なく乗り降りできる。インテリアはCX-5と似通っているが、センターコンソールの位置が高くなり、包まれ感が増した。また、インテリアの質感も高められ、見栄えがよくなっている。フロントシートは大ぶりで、ペダル配置も適切だ。ちょっとアップライトな姿勢で座り、見下ろし感覚だから前方の視界もいい。大柄な人でもベストポジションを取れるだろう。セカンドシートは、二人掛けのセパレートタイプ(乗車定員6名)と三人掛けのベンチシート(乗車定員7名)を設定した。セカンドシートは120mmのスライドが可能で、後方にセットすると足元はCX-5より広々として余裕がある。最上級のXD・Lパッケージはアームレスト付きコンソールボックスを装備しているから、VIP気分でドライブを楽しむことが可能だ。サードシートのアクセスは、思ったほど大変ではなかった。セカンドシートは簡単に前に倒れるし、グリップもあるので乗り降りしやすいのだ。ただし、広さはプレマシーレベルにとどまっている。セカンドシートを後方にセットすると足元と膝元は窮屈だ。セカンドシートを前に出すと足元の空間は増えるが、フロアとシート座面の高さが不足しているので、膝を上げた姿勢で座ることになる。この手のサードシートとしては、しっかりとした造りだし、足入れ性も悪くない。頭上の空間もそれなりに確保している。だが、フル乗車でのロングドラ