【マツダ CX-5 雪上試乗】クルマが“G”を教えてくれる、という感覚…井元康一郎

今年2月に発売されるマツダのCDセグメントクロスオーバーSUV、新型『CX-5』の先行雪上試乗会が北海道にあるマツダの耐寒試験場、剣淵テストコースで行われたので、インプレッションをお届けする。新型CX-5は基本骨格については初代モデルを踏襲しながら、騒音・振動の低減、乗り心地向上などを徹底的にリファインしたという。また、マツダが今後、すべての車種に展開していくと言明しているステアリングとスロットルの統合制御「G-ベクタリング コントロール」も採用されている。圧雪・氷結路ドライブはハーシュネス(突き上げ、ガタガタ)やアンジュレーション(路面のうねり)の面ではかなり過酷な環境。無論、操縦安定性についてもかなりオーバーに出るのだが、そこでのCX-5の挙動はとても良いもので、とくに乗り心地についてはサスペンションのフリクション感が強めだった旧型に対し、ホイールの上下動が相当スムーズになった。FWD(前輪駆動)とAWD(4輪駆動)の両モデルに乗ったのだが、興味深かったのはG-ベクタリングコントロールの効果。これは一般的なアクティブトルクベクタリングのようなブレーキ制御によるヨーの誘発などは一切行わず、ステアリングの操作に合わせてエンジントルクを増減させ、フロント荷重を適正化することで乗り味を向上させるものなのだが、エンジニアによれば制御による加減速の変化は最大で0.02G程度とのこと。そんな微妙な制御が体感できるのかと思いきや、雪上ではこれがとても良い働きをしていることが一発でわかるレベルであった。2WDは市販車にはないG-ベクタリングコントロールをキャンセルするスイッチ付きのテスト車両だったので比較することができたのだが、スイッチONの時はOFFの時に比べ、自分の走ろうとしているラインのトレース性は格段に高かった。道の幅員が狭く、両側には除雪した雪の壁があるようなコースでもアンダー・オーバーの挙動がきわめて穏やかなため、スキーでいえば雪面を無闇に荒らさずに綺麗なシュプールを描くように、その狭い道を滑らかに走ることができた。が、それ以上に印象的だったのは、他の記者がドライブしているときにリアシートに同乗したときの快適性。Gがわかりやすいように座面が盛り上がったリアシートの中央部に座ったのだが、スイッチON時のコーナリング時の体の左右のぶれはオーバーでなくOFF時の数分の1にすぎなかった。不思議に思ってしばらく自分の体感を観察していたのだが、途中でGがかかりそうなときに自分の体がそのGに備えようと、無意識のうちにコーナーのほうを向いていることに気付いた。前方の視界を見てそうしたわけではない。それなら条件はOFFのときと同じである。最大で0.02Gにすぎないはずの加減速を通じて、クル