【マツダ CX-5 試乗】ボートのオールが大きいディーゼル…諸星陽一

マツダ『CX-5』は事前試乗会で好印象をもっていたクルマだけに、公道試乗は待ち遠しかった。今回、試乗したのはガソリン4WD、ディーゼル4WD、ディーゼル2WDの3種。このなかでもっともいい感触を受けたのがディーゼル2WDだ。エンジンは低速トルクがしっかりとしていて、クルマを楽に走らせることができる。従来多くの人が抱いているディーゼルエンジンの印象……。つまり、遅い、うるさい、くさいといったものは一切なく、速く、静かで、クリーンなのがCX-5に搭載されたスカイアクティブDだ。2WDは4WDよりもメカニカルな抵抗が少ないフィールで、トルクが無駄なく路面に伝わっている。CX-5ディーゼルはアクセルペダルをグイと踏み込んで加速するような走りではなく、ゆるやかにしかし力強く加速するような走りが似合う。それを象徴するかのようにCX-5のアクセルペダルはオルガン式を採用している。おかげでくるぶしの動きとペダルの動きが平行になるので、ふくらはぎに負担がかかることもなく楽。燃費を気にして微妙なアクセルワークをしながらの長距離走行時に足がつる……、というようなトラブルも起きづらい。力感あふれるディーゼルエンジンは急激なアクセルワークをせずにゆっくりとアクセルペダル踏んでやるだけで、グイグイと加速していく。手こぎボートのオールが大きくなったような印象だ。しかもそのオールを漕ぐのがまったくつらくないのだ。乗り心地はゆったりとしている。コーナーではそれなりのロールを伴うのだが、グリップ感がしっかりとあるので不安はない。CX-5はマツダのクルマ作りの新たな方向性を示しているクルマだ。これだけしっかりとしたSUVを作れるのだから、これから出てくるクルマが楽しみ。現在、マツダはアテンザが最上級となっているが、それ以上のクラスのセダンなども十分に作れるだろうと予感させる1台だった。パッケージング:★★★★インテリア/居住性:★★★パワーソース:★★★★★フットワーク:★★★★オススメ度:★★★★諸星陽一|モータージャーナリスト自動車雑誌の編集部員を経て、23歳でフリーランスのジャーナリストとなる。20歳代後半からは、富士フレッシュマンレースなどに7年間参戦。サーキットでは写真撮影も行う、フォトジャーナリストとして活躍。趣味