【ホンダ クラリティPHEV 試乗】手放しで絶賛はできないが、ホンダの未来を垣間見せてくれたモデル…青山尚暉
AppStore:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.QTStudio.ZombieCrazy
ホンダが市販車として初めて国内に送り出したPHEVが、モノグレードで588万0600円というプライスタグをつける『クラリティPHEV』。三菱『アウトランダーPHEV』やトヨタ『プリウスPHV』より高価だが、それはEV走行可能距離によるものと考えていい。アウトランダーPHEVの60.8km、プリウスPHVの68.2kmを大きく上回る114.6km(いずれもJC08モード)を達成している。EV走行距離の拡大には多額のコストがかかるものなのだ。JC08モードではその約70%が実EV走行距離と見ていいが(諸条件による)、加えてEV走行可能速度160kmhという点にも注目したい(プリウスPHVは135kmh)。日常使いではほぼEV走行でまかなえ、高速走行も楽々こなす電動車としての実力を持っていると言っていい。「ねばるEV」というキャッチフレーズも、なるほど、である。ピュアEVと違い、電欠になっても1.5Lアトキンソンサイクルエンジンが動力となる2WAYだから、ガス欠にならない限り、立ち往生することはない。EV走行可能距離は80km全長4915×全幅1875×全高1480mm、ホイールベース2750mmのボディデザインは、決して新しいものではない。ユニークなのは空気との調和を目指したリヤタイヤカバーとリアエアカーテンダクト、そして給油用、普通充電、急速充電用に2か所もあるリッドである。運転席に着座すれば、ボタン式のセレクターも今や他車種でも使われていて、便利ではあるものの、新鮮というほどではない。立体感に欠ける液晶メーターのデザイン、底がカチカチしたプラスチック張りのフロントコンソールポケットの仕立てにしても、600万円に迫るクルマとしてはちょっと残念な部分ではある。しかし、走行性能はさすがPHEV。充電直後の試乗車を受け取ったときのEV走行可能距離は、読み通りの80km(JC08モードの約70%)。これなら多くの人が日常使いで丸1日、EV走行できる距離と言っていい。出足はもちろんEV走行。静かに、滑らかに、素晴らしくトルキーに走りだす。ECON、SPORT、HVが選べるドライブモードが、もっとも穏やかなECONモードでも、である。そのECONモードではアクセルペダルを踏み込んでいくと「クリック」があり、「エンジンが始動しますよ」という合図をくれるのだが、そこまでペダルを踏み込まなくても、十二分に速い。EV走行でのモーターパワーは184ps、32.1kg-m。高速走行で流れを楽々リードできる余裕、実