【プレミアムカー定点観測試乗】「最新アイサイトの実力をチェック」スバル・レヴォーグ 1.6GT-S アイサイト
—————————-
すべての画像を見る レヴォーグの自動運転支援システム「アイサイト」は、大きく分けて3つのパートから構成されています。 1番目は衝突回避を支援するコアテクノロジーの部分で、室内のバックミラー左右に配置した「ステレオカメラ」により周囲の車両や歩行者を検知し、危険があれば音と光で警告を与え、必要ならブレーキをかけてくれます(プリクラッシュブレーキ)。 後退時に超音波のクリアランスソナーにより後方の障害物を認識し、注意を喚起したりブレーキをかける機能(後退時自動ブレーキシステム)や、駐車スペースから出るときなどの、シフトレバーやペダルの誤操作による急な飛び出しを抑制する制御(AT誤発進抑制&AT誤後進抑制)も組み合わせられています。 2番目はステレオカメラからの情報を利用し、車線や先行車両との距離を自動的に制御しながら巡航してくれる「全車速追従機能付クルーズコントロール」と「車線逸脱抑制」を組み合わせた、「ツーリングアシスト」。2017年のマイナーチェンジでレヴォーグの全モデルに標準装備されました。 3番目がオプションの「アイサイトセイフティプラス」です。自車斜め後方に他車が接近した場合に警告してくれる機能(スバルリヤビークルディテクション)のほか、ハイビームの自動切り替え(ハイビームアシスト)、デジタルカメラを利用したバックミラー(スマートリアビューミラー)や車両前方と左側の死角を映し出す機能(フロント&サイドビューモニター)などを組み合わせたものです。リスト化してみると次のようになります。 ・プリクラッシュブレーキ ・後退時自動ブレーキシステム ・AT誤発進抑制制御&AT誤後進抑制制御 ・全車速追従機能付クルーズコントロール ・車線逸脱抑制 ※スバルリヤビークルディテクション ※ハイビームアシスト ※スマートリアビューミラー ※フロント&サイドビューモニター (※はオプション)