【プレミアムカー定点観測試乗】「旧いボルボを思い出す安心感」スバル・レヴォーグ 1.6GT-S アイサイト
————————-
はじめまして、花嶋言成です。私が担当するページでは、国内外のプレミアムカーを題材として、自動運転支援の機能にもスポットを当てながらじっくり試乗・解説していきます。 多くの記事が試乗会などメーカーが整えた舞台で取材されているのとは異なり、私は取材中に1周70kmほどの決められたコースを走ることにしています。その中には高速巡航や市街地走行に加え、高速ワインディングロード、ダブル・レーンチェンジなどハンドリングや動力性能を試せる道が含まれていて、可能な限り公平な状況で評価することを目指しています。 第1回の取材対象には「アイサイト」の標準搭載で自動運転支援の充実したスバル・レヴォーグを選びました。2014年の発売から4年あまりを経て、幾度かのマイナーチェンジと「アイサイト」のバージョンアップが加えられた、熟成の期待できるモデルです。 前篇ではクルマ全体の印象を語りましょう。自販連の統計によると、レヴォーグの昨年4〜9月の新車販売累計は7,576台と、平均300万円を超える価格のクルマとしては優秀で、まだまだ勢いを残しています。 実際、通算10万台以上を販売したレヴォーグは路上でもわりとよく見かけるクルマの部類に入ると思いますが、それは台数だけでなく、印象的なデザインの効果もあるでしょう。前後のフェンダーは肉感的に盛り上がり、フロントのオーバーハングはかなり長めに取られています。300ps以上の高出力を誇る2.0Lモデルだけでなく、1.6Lモデルのボンネットにもエアスクープが穿たれて存在感を強調します。 1.6Lモデルの最高出力は170psに過ぎないのですが、代わりに2.0Lより燃費は18%ほど少なく、50万円ほど安い。それで売れ行きは1.6Lがおよそ7割を占めるそうですから、やっぱり時代はエコなのでしょう。私だったら我慢できず300psに行っちゃうと思いますけどね。 そういうわけで、今回取材したのは時流を反映した1.6GT-S EyeSight(税抜き285万円、税込み307.8万円)というモデル。外観は2.0Lとアルミホイールの塗装がごくわずかに異なるのみと、ほとんど区別はつきません。試乗車はオプションの本革シートやサンルーフも装備した豪華仕様で、ステアリングとシートにはブルーのアクセントが加えられていて、スバルらしさを演出しています。 先代のレガシィからだと記憶してい…
————————-
今すぐ米国を購読する: https://www.youtube.com/channel/UCUw7_I-w_VPkn4ugdKqllzg?sub_confirmation=1
————————-
当社のチャンネルに関連する著作権問題については、下記まで直接お問い合わせください。: nanceypal71146@gmail.com

————————-
日本のニュース: https://www.youtube.com/channel/UCWyQ6XmJ-sRLElj2AbLqPVg?sub_confirmation=1
————————-
ありがとうございました !