,#試乗】AVSは必要か、ノーマルでも高いハンドリング性能…丸山誠,#【トヨタ,#試乗】AVSは必要か、ノーマルでも高いハンドリング性能…丸山誠
【トヨタ カローラスポーツ 試乗】AVSは必要か、ノーマルでも高いハンドリング性能…丸山誠
AppStore:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.QTStudio.ZombieCrazy
TNGAプラットフォームの恩恵TNGAプラットフォームの採用が、ハンドリングに大きな変化をもたらすのを『カローラスポーツ』に試乗して改めて確認できた。『C-HR』のハンドリングの高さは実感していたが、より重心が低いカローラスポーツはスポーティなハンドリングを実現している。カローラスポーツは事実上、『オーリス』の後継モデルとなる。オーリスはネッツ店とトヨペット店で販売されていたが、カローラスポーツとなったことで販売はもちろんカローラ店に変更された。最初に試乗したのは、1.8リットルのハイブリッド。基本メカは『プリウス』やC-HRと同じだが、プリウスと違うのはシフトがコンソールに置かれたノーマルタイプ。シフトの前方にEVスイッチがあり、これを押してEV走行するとキャビンの静粛性が高いことがわかる。試乗会場の路面は音や振動が厳しい石畳みだが、サスペンションは微振動をうまく吸収しているしロードノイズも小さい。これだけでも質感が高められたことがわかる。カローラスポーツのハンドリングのよさを実感できるのがワインディングロード。コーナーに合わせてステアリングを切り込むとノーズがスムーズにインを刺し、そのときの車両姿勢も極めて安定している。低重心化すると同時に、トレッドを拡大したことでタイヤの接地感がよくわかるようになった。これはボディやサスペンション、ステアリングなどの総合的なセッティングがうまくいっていることを示している。ハイブリッドでもスポーティな走りを楽しむことができる。だが、より走りを楽しみたいなら1.2リットル直噴ターボをおススメしたい。このエンジンは高回転域までパワフルというタイプではないが、1400から4000回転まで185Nmのトルクを発揮するため2リットル並みのパワー感が得られる。高回転域でトルクがドロップするため、あまり切れのよさはないが、低回転域から最大トルクを発揮するためタイトなワインディングでもスポーティに走ることができる。ターボで走るとよりサスペンションのよさが光る。コーナーからの立ち上がりではリヤサスペンションがしっかりと踏ん張り、フロントタイヤのトラクションも十分。コーナリング中にやや大きな段差があるようなところを通過しても、突き上げるようなショックがなく、タイヤの接地性も失わないため安心してアクセルを踏んで行ける。サスペンションの動きはスムーズで