【トヨタ・ハイラックス 悪路試乗】特別な操作なしでもゴリゴリ進む。世界で求められる理由がよくわかる
————————-
すべての画像を見る 2017年に日本デビューした8代目のトヨタ・ハイラックス。このモデルに2018年末、特別仕様車『Z”ブラックラリーエディション”』(394万7400円)が追加されています。 今回、この実車をチェックすることができました。また、標準モデルによる悪路走破性能の体感もできましたので報告しますね。 ハイラックスは、全長:5320mm・全幅:1885mm・全高:1800mm、車重:2090kg、ホイールベース:3085mm(いずれもZ”ブラックラリーエディション”)という堂々とした体格を持った、ワールドクラスモデルです。荷台の開口幅は1380mm、前後長は1565mm。最大積載量は500kgとなります。 トラックとして大きな積載量に耐える頑丈な車体を確保すること、そして悪路での高い走破性を担保するためにボディ構造はフレーム式を採用しています。 フロントサスはダブルウィッシュボーン式、リヤはリーフスプリングを使ったリジッドサスとなります。駆動方式はトランスファーを介して前後タイヤに動力を伝えるパートタイム4WD方式が採用されました。 搭載エンジンは2.4L・4気筒ディーゼルターボの2GD-FTV型。最高出力:150ps(110kW)/3400rpm。・最大トルク:400Nm(40.8kgm)/1600-2000rpmのスペックを持ちます。トランスミッションは全車6AT。 なお、特別仕様車のブラックラリーエディションでは、専用のアルミホイールが採用されました。同じく専用のタイヤはホワイトレターのワイルドな表情を持ったものです。 ちなみにこのホワイトレターは塗装したものではなく、白い素材のゴムをはめ込むことで表現できたもの。このため通常のものよりも格段に高い耐久性を持っています。 フロントグリルに関しても下方向に拡大された迫力のある造形の専用品です。これに組み合わされる形でスポーティーな専用バンパーも装着されています。さらに、前後にはブラックのオーバーフェンダーが採用され、全幅は30mm拡大されました。   ちなみにこのグリルやバンパー、タイヤなどは、ハイラックスの生産国・タイで『ROCCO(ロッコ)』仕様として販売されているモデルとほぼ共通となります。 実は、日本のハイラックスファンの間では、タイからこのロッコ用パーツを取り寄せて装着する人もいるほどの有名なも…
————————-
今すぐ米国を購読する: https://www.youtube.com/channel/UCUw7_I-w_VPkn4ugdKqllzg?sub_confirmation=1
————————-
当社のチャンネルに関連する著作権問題については、下記まで直接お問い合わせください。: nanceypal71146@gmail.com

————————-
日本のニュース: https://www.youtube.com/channel/UCWyQ6XmJ-sRLElj2AbLqPVg?sub_confirmation=1
————————-
ありがとうございました !