,#フォレスター,#【スバル,#新型試乗】X-BREAKこそ、フォレスターの真打ちだ…中村孝仁
【スバル フォレスター 新型試乗】X-BREAKこそ、フォレスターの真打ちだ…中村孝仁
Website:http://autocarmagazine247.com/ .AppStore:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.QTStudio.ZombieCrazy
サザンオールスターズの『東京VICTORY』に乗って、さっそうと悪路を駆け上がるスバル『フォレスター』のTVCM。その時ボディにキラッと輝いて見える(僕には)オレンジ色のライン。これこそ、「X-BREAK(Xブレイク)」の証。
外観で他のグレードと明確に差別化できるX-BREAKこそ、フォレスターの真打ち、ホントの本命なのではないかと、このCMを見るたびに思う。そもそも、スバルというブランドを今日このレベルにまでまで押し上げてきた最大の要因は、オールラウンダーとしての実力の高さではないかと勝手に思っている。
正直に言わせていただくと、自動車にとって、外観の良さはかなりの生命線。しかし、スバルでこれは良いかも…と思わせたのは『XV』だけ。フォレスターのデザインについては、全体的にはまとまりがあるとは思うのだが、どうしても許せないのは、ボンネットの中央が凹んで見えること。実際にはそうではないのだが、そう見えてしまうデザインがどうしても好きになれない。
にもかかわらず、このクルマはグローバルの販売ではスバルのベストセラーモデルである。ということは、魅力が他にあるということになると思うのだが、それが何かというと個人的にはコスパの高さとバランスの良さだと思うのだ。装備とお値段の相関関係で日本で抜きん出て高いと思うのが、このフォレスターとマツダ『CX-5』である。とにかくこの値段で売っちゃっていいの?と思うほどのコスパの高さである。
でもってフォレスター最大の訴求ポイントは、まずはシンメトリカルAWD。とにかくラインナップの全モデルがAWDである。通常のクルマの場合、というか、コスパの高いCX-5の場合で見ると、4WDモデルはきっちり23万2200円高い(25Sグレードの場合)。
次に「アイサイト」。アイサイトにはコアテクノロジーというベースの装備と、オプションになるセイフティプラスが存在するが、コアテクノロジーは全車標準で、この中に前車追従型のACCも含まれているから、文句なしである。
そして冒頭話をしたキラッと輝いて見えるオレンジ色の加飾。とにかくこれが効いている。実は室内もエクステリア同様、オレンジ加飾が随所にちりばめられていて、一番華やいで見えるのがこのX-BREAKなのである。
搭載エンジンは2.5リットルのNAフラット4。世界的にもこの形式を採用するのはスバルとポルシェだけ。重心が低く、振動が少ないなど多くの利点を持つ一方で、機構