【スバル フォレスター 新型試乗】クロカン4WD並と言っても大げさではない走破性…齋藤聡

5代目となった『フォレスター』も、当たり前のように全車4WDで登場した。いまや世界的なクロスオーバーSUVブームで、各自動車メーカーがSUV風のモデルを登場させているが、FFモデルも多く混ざっており、性能よりもスタイルというクルマも少なくない。フォレスターはクロスオーバーSUVの先駆けであり、オンロードでの豪快な走りとオフロード車に匹敵する走破性を備えた、新しいカテゴリーのクルマとして登場した。最低地上高は初代から200mmを確保し、4WDの駆動力を生かした本格派の悪路走破性はフォレスターの特徴ともいえる性能だった。2代目フォレスターも最低地上高200mmを確保して走破性の高さをキープ。3代目になると最低地上高は220mmとなる。オンロードでの豪快な走りを売りにしていたフォレスターはこのモデルからバランスのいい走りを掲げ、オフロード走破性を求める方向に変わっていった。以来220mmをキープし続け5代目もこの最低地上高を踏襲した。◆90%を新規製作した新2.5Lエンジン今回行われた試乗会では、施設内にスバルが特設オフロードコースを設営。その性能を試すことができたので、新開発2.5リットルエンジン搭載車でその性能を報告してみたいと思う。2.5Lは、直噴化に合わせて全体の90%を新規製作したという力の入ったエンジンで、燃費改善、振動低減、出力向上などが図られている。『レガシィ』に搭載されるFB25型はポート内噴射で、吸気側には可変バルブシステム=VACSを備え、圧縮比10.3対1から175馬力/235Nmを発生する。これに対して筒内噴射となったフォレスター用FB25型は吸排気に可変バルブシステムを備えたデュアルAVCSとなり、圧縮比12.0対1の高圧縮比から184馬力/239Nmを発揮する。CVTも新型チェーンの採用で、レシオカバレージ(≒プーリー比)を10%拡大。マニュアルモードを6速から7速に変更している。またオフロード4WD性能を引き上げるディバイスとして、Xモードに従来のSNOW・DIRTモードに加えDEEP SNOW・MUDモードを設定。このモードにすると自動的にトラクションコントロールがオフになり、トラクションを得るためにタイヤの空転を許容し、パワーを絞らずにESCのブレーキ制御で空転するタイヤにブレーキをかけ駆動力を高めてくれる仕組みだ。◆急斜面もモーグルも楽々クリアゆっくりと特設コースを登り出す。20度を超え、場所によっては22度を超える急傾斜をスルスルと登っていってしまう。こう書いてもあまりピンと来ないかもしれないが、20度は、10m進んで3.6m上る坂。22度は10mで4m上る坂。運転席に乗っていると、もう空しか見えない急傾斜だ。しかも、新しいXモー