【スバル フォレスター 新型試乗】エンジンはかなり頑張ったe-BOXER…齋藤聡

5代目となる新型『フォレスター』が発売された。クロスオーバーSUVの先駆けとして登場したフォレスターのデビューは1997年だから、だいぶ昔の話。当時は乗用車でもなくSUVでもない新しいカテゴリーのクルマだったので、このクルマをどう評価したらいいのだろう? という気分もなくはなかったのだが、『レガシィ』、『インプレッサ』に続くスバル渾身の新型車であり、なにより4WDによる圧倒的な走破性と、乗用車感覚で乗れる運転のしやすさが大きな説得力を持っていた。わりとすんなりユーザーに受け入れられ、すぐに人気を博したのを覚えている。あれから20年。いまや世界的なコンパクトSUVブームであり、フォレスターはその真っただ中でモデルチェンジを迎えたというわけだ。◆より滑らかな走行が可能にスバルは、2025年まで見据えて開発した世界に通用するプラットフォーム(≒骨格のベース)であるスバル・グローバル・プラットフォーム(SGP)を2016年に発表して、まずはインプレッサに採用。続いて『XV』に使い、フォレスターが第3弾となる。先代フォレスターは「実証、全方位SUV」がキャッチフレーズで、ちょうどSUVの形をしながらFFといった車もたくさん出てきたこのカテゴリーに、“スバルはSUVの性能で勝負します”と宣戦布告したクルマだった。5代目となる新型は「Trust in FORESTER」~どこにでも行ける、どんな場所にでも行ける~というのが開発のベースになっているのだそうだ。搭載するエンジンは水平対向4気筒で、2.5リットル直噴ガソリンと2.0リットル直噴ガソリン+モーターのe-BOXER(ハイブリッド)。いずれもCVTが組み合わされている。駆動方式はもちろん4WDだ。ちなみに最低地上高は220mmで、先代を踏襲。4WDの走破性にこだわるスバルのこだわりでもある。エンジンについては、基本的には先代からのキャリーオーバーだが、2.5Lはオイルポンプの静粛性を高めたり、フロントデフの形状を変更してオイルの攪拌抵抗を低減を図った。さらにトルクコンバーター・ダンパーのバネを柔軟にして、より滑らかな走行が可能になるよう工夫するなど、快適性向上に力を入れている。加えてCVTチェーンをよりピッチの細かいものにし変速比を大きくできようにすることで、エンジンを効率よく使えるようにするなど、走行性能の面でも改善が図られている。ハイブリッドも、システム、カタログ上のモーター出力(10kw/65Nm)共にXVと同じだが、リチウムイオンバッテリーに換えたことで電圧が100.8Vから118.4Vに上がっており、実際には出力も若干アップしているという。◆タイヤの接地性の良さはSGPの美点まず試乗したのは2.0Lのハイブリッドエンジン