【スズキ ジムニー 試乗】今まで以上にリスペクトします!…中村孝仁

これまでも、それなりにこのクルマはリスペクトしてきた。先代はとにかく20年も作り続け、ライバルが木の葉が落ちるように、1台また1台と市場から去っていく中、しっかりとした固定層を作り、市場を守り抜いてきた。その名は、スズキ『ジムニー』である。専門の雑誌が刊行されてしまうくらいだから、その人気度もわかるし、昔からこのクルマでないと行けない地域が存在し、プロフェッショナルからも絶大な支持を得てきたクルマだから、存在感の大きさはライバルを蹴散らすに十分なインパクトだったのだと思う。そういえば550cc時代の2サイクルエンジンを積んだジムニーが、我が家にも1台転がっていたことがある。その走破力もさることながら、やはり狭いところをどこでも行けるという機動力が人気だったのだろう。そんなジムニーが、20年の時を経てフルチェンジされたのだから、待ち焦がれていた人だけでなく、そのシンプルでパーパスビルドの作りに引き込まれた人など、多くのユーザーから注目を浴びるクルマになったようで、発売開始から人気がうなぎ上り。いま注文しても、納期は最短でも半年先ぐらいが当たり前の状況のようだ。そんなジムニーに試乗してみた。オンロードとオフロード共にである。そもそも、軽自動車としては随分と立派ななりをしている。勿論軽自動車枠に収まっているのだから、サイズ的にはみ出しているわけではないのだが、とにかく立派に見える。ただ、中に入るとやっぱりさすがは軽自動車。ゆとりを感じることはない。でも、インテリアのデザインは定番と言えば定番だが、全体的にシンプルに作リあげられていて、如何にも使い易そうである。トランスファーの操作が、先代末期のボタン式から再びレバー式に戻された。何でも一つには、ユーザー側からレバー式の要望が多かったことと、ボタン式だとちゃんとセレクトされているのかが不明瞭だから…とか、操作している感がレバー式の方が強いからとかの意見があって、戻されてしまったようだ。まあそれも良しだろう。外観はコンパクトなメルセデス『Gクラス』と言われたり、あるいはランドローバー『ディフェンダー』に似ている…という意見があるようだが、僕が持った印象は、フォード『ブロンコ・コンセプト』という、2004年に発表されたコンセプトカーだった。まさにキューブデザインで、シンプルな線で構成されたスタイルは、本当に普遍的で機能的だ。それはジムニーにも当てはまる。オフロードの走りから話をしよう。今回は林間コース、モーグルコース、キャンバー、それにタフなタイヤを埋め込んだ路面の踏破等々、言わばアトラクションを通過するように、設定されたコースを走破するもので、ポイント、ポイントには係員がいて、セレクトするギアや走り方を指南してくれる。もっとも、コース自体はジムニ