【アバルト 124スパイダー 試乗】見た目も走りもマツダロードスターとは明確に違う…松下宏
AppStore:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.QTStudio.ZombieCrazy
アバルト『124スパイダー』はマツダの『ロードスター』をベースにしたマツダ製のアバルトブランド車だ。単なるOEM供給車ではなく、専用のデザイン、エンジン、足回りなどが与えられ、ロードスターとは明確に異なるクルマになった。外観デザインはかつてのアバルトモデルからインスピレーションを得たものとされ、前後のデザインなどはロードスターと大きく異なっている。更にボディ各部やインテリアなど、いろいろな部分にサソリのマークが配置されるのも特徴だ。その数は内外装合わせて全部で13個にもなる。インテリアはホールド性に優れた赤/黒ツートンのレカロ製本革シートがオプション装着され、専用のステアリングホイールや赤い文字盤のスピードメーターが採用されている。アバルト124スパイダーはマツダ製なので、外国ブランド車ではあるが、右ウインカーの設定だ。この方が操作しやすいので大歓迎だが、ある意味で“外車らしさ”をスポイルするのもまた確かである。搭載エンジンは1.4リットルの16バルブマルチエア・インタークーラー付きターボで、125kW/250Nmの動力性能を発生する。ロードスターに搭載される1.5リットルエンジンの動力性能が96kW/150Nmであることを考えると、走りのフィールには明確な違いがある。車両重量はロードスターよりもアバルト124スパイダーの方がざっと100kgくらい重いが、重量増以上に動力性能の向上幅が大きいから、走りのフィールはよりスポーティなものになる。ちなみにアバルト124スパイダーは前後の車両重量が610kg:520kgで合計1130kg、ロードスターSパッケージは550kg:480kgで合計1030kgである。前後の重量配分はほとんど変わらない比率である。エンジンはターボ仕様ながら、最近のダウンサイジング直噴ターボと違って低速域から滑らかにトルクを発生するものではない。わずかにラグを感じさせた後で加速がついてくる感じだ。やや古典的ともいえるようなターボ感覚で、懐かしさを感じさせられた。全体的なエンジンフィールはジェントルな印象があった。アバルトブランド車だったらもっとも荒々しい走りでも良いように思うが、意外に良くしつけられたエンジンフィールだったので、逆に驚かされた。スポーツモードを選ぶとアクセルワークに対するレスポンスが良くなって元気の良い走りが得られる。走りのフィールはよりアバルトらしいものになるので、ずっとスポーツモードで走りたいような気分になる。6速MTのトランスミッションはとてもスムーズで、手首を返すよ