【アウディ A7スポーツバック 新型試乗】自動車の新しい方向性を示す第一歩だ…中村孝仁
AppStore:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.QTStudio.ZombieCrazy
試すべきものが多すぎるまずはじめにお断りしておく。この試乗はあくまでもチョイ乗りである。というのも、試すべきアイテムがあまりに多すぎて、ほんの触りしか試せていないことがその理由だ。新しいアウディ『A7スポーツバック』は、48Vのマイルドハイブリッド機構を備えたV6エンジンを搭載し、ダイナミックオールホイールステアリングと名付けられた4輪操舵システムを持つ。サスペンションは可変ダンピングサスペンションであり、走行モードは4種のモードからドライバーが任意に設定できる。ヘッドライトはLEDのマトリックスライトで、車速70kmh以上でハイビームを補完するレーザーライトが照射距離を2倍にする。量産車としては世界で初めてライダー(レーザースキャナーと呼ぶ)を搭載することによって、従来の運転支援に加えてさらに厚みが増し、ターンアシストやサイドアシスト、エグジットアシストなど、これまでにはなかったような機能が追加されている…等々、これでもかというほどの先進技術が満載されたクルマに進化しているのだ。1時間少々の試乗時間でこれらのことを試すのはまず無理。まして夜間走行もしていないから、ヘッドライトの機能はトンネル内だけに限られて、効果は実感できない等々…。だからチョイ乗りなのである。今回の試乗はこれも新しくなった『A8』との乗り比べである。このA8に関しては機会を改めるが、いずれのモデルも、従来を大きく上回る大進化を遂げていることだけは報告しておこう。エンジンを「止める」試乗開始ではすでにエンジンがかかっていて、実感できなかったが、撮影時にエンジンを止めてみると、インパネがほぼブラックアウトすることがわかった。そこには従来数が多いと他メーカーから指摘を受けていた、スイッチの類が一切ない。全てタッチ操作で行われるようになったということ。まあ、これをマスターするだけでも1時間の試乗では不可能だったから、乗り味のフィールを味わうことと、最近とみに気になっているACCの出来をチェックすること。それにハンドリングのチェックなどがすべてで、使い勝手などに関しては、改めてじっくり試乗で報告したいと思う。48Vのマイルドハイブリッドとなった3リットルのV6エンジンは、高速走行などでコースティングする際に、従来だとアイドリング状態になっていたエンジンを、何と止めてしまうという。そして信号停車などで減速した際に車速が22kmh以下になると、こちらもエンジンを止めてしまうというので、そのあたりをまず試してみた。コースティングは結構長い直線路が必要なの