,#「1億円の日産,#「1億円の日産
「1億円の日産 GT-R」に奇跡の試乗!わずか2周のラグナセカでわかったこと
AppStore:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.QTStudio.ZombieCrazy
イタルデザインが手がけた720馬力のGT-R7月のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード(FoS)で華々しいデビューを飾った、日産『GT-R50 by イタルデザイン』(以下GT-R50)。日本円にして1億円以上という価格もさることながら、イタルデザインとのコラボレーションや、 GT-Rニスモ用を大幅に上回るエンジンスペックなど、スーパーカー的興味も尽きなかった。けれども個人的には、イタルデザインと組んだと聞いて、しばらくは“???”だった。しかもデザインは日産(欧州と北米)で、車両の開発と製造をイタルデザインが担う、というではないか。GT-Rはもちろんのこと、『スカイライン』も日産も、イタルデザインとの関係が濃い、どころかあったという印象さえまるでない。スバルやトヨタならまだしも印象に残る歴史-クルマ(アルシオーネSVXやアリスト)があったのだけれど……。ましてや、イタルデザインの作品でもないというのであれば?2018年のイタルデザイン50周年と、19年に迎えるGT-Rの50周年を掛け合わせてみたところで、一年違えばさほどの意味もないだろう。いずれにしてもムリヤリな印象だけが残ってしまう。そんなモヤモヤした気分が残ったまま、モントレーカーウィークの最中にGT-R50の実物と遭遇した。ところは今、カーウィーク中で最も人気のあるイベント“モータースポーツギャザリング”。GT-Rニスモと並んで、その勇姿があった。年末に生産開始、日本人のオーダーもモヤモヤ気分を吹き飛ばすほどの存在感に、まずはひと安心。ブガッティやパガーニ、ケーニグセグといったウルトラハイパーカーの最新モデルが集うクエイルロッジにあって、日本人のひいき目かも知れないけれど見劣りしない。しかも、イベント会場まで自走でやってきたらしく、触れたら壊れそうなコンセプトカーやショーカー、プロトタイプの類とはまるで異なる、生々しい雰囲気さえ醸し出していた。これで、720馬力&780Nmの世界限定50台以下というのであれば、1億円以上でもきっと売れることだろう。そんな確信をいだいて、初対面は終わったのだった。翌日。奇跡が起きた。日産&ダッツン(DATSUN)をメインテーマのひとつとしてラグナセカ開催されていた“モータースポーツ・リユニオン”(戦前から90年代前半くらいまのでありとあらゆるクラシックレーシングカーに